ファブリーズ 危険

ファブリーズは危険?家族やペットに起きるかもしれないファブリーズの危険性とは…

ファブリーズは危険?家族やペットに起きるかもしれないファブリーズの危険性とは…

 

ファブリーズって普段からけっこう使っていますよね。

 

ですが、ネットの書き込みなどでファブリーズが危険だという話を見かけるようになりました。

 

正直、今まであまり気にしないで使っていましたが、危険だと言われる原因を改めてチェックしたうえで使うか使わないか決めようと思い調べた結果、我が家ではファブリーズの使用を止めました。

 

ただ、ニオイ対策は絶対に必要ですので、ファブリーズの代わりに始めた我が家のニオイ対策をランキングで整理しますね。

 

ファブリーズの成分は?危険なの?

部屋や布の消臭・除菌剤として有名なファブリーズ。

 

我が家でも、ソファーやカーテンの他、体臭が染みついた衣類にもシュッシュ、シュッシュかけていました。

 

その成分ですが、主にトウモロコシ由来消臭成分・除菌成分(有機系)・香料などを使っていると明記されています。

 

一見すると天然成分を中心として使用しているように見えるのですが、問題となっている成分として言われているのが有機系と表記されている除菌成分です。

 

その中のひとつである第四級アンモニウム塩の塩化ベンザルコニウムと呼ばれているものは実は危険な成分であるという事が最近になって言われるようになったようです。

 

健康被害を引き起こす恐れのある危険なものなのではないか、とのことなんですよね。

 

ただ、実際には生死に関わるものではないとされていますが、ある程度の健康被害が報告されているという事で注意して使用する必要があるというのが分かりました(汗)

 

ファブリーズの成分はアメリカでは禁止?

では実際にファブリーズはどれだけ危険視されているのかというと、実はアメリカではファブリーズが販売されていないという噂があるほどです。

 

実際にはどのようになっているのかと言うとアメリカでも販売されてはいるのですが、日本版のものと違って第四級アンモニウム塩の塩化ベンザルコニウムは含まれておらず除菌成分も含まれていない状態で販売されています。

 

これはアメリカでは第四級アンモニウム塩の塩化ベンザルコニウムなどの含まれている除菌成分が危険であるという認識があることが理由であり、これらの成分を含んでいるものはアメリカでの販売は全面的に禁止されている状態となっています。

 

ですのでアメリカでは成分を変えて販売されているため、日本版のものは禁止されているというのが現状のようです。

 

ファブリーズの成分は咳や痒みに影響がある?

そこで気になってくるのが実際にファブリーズの成分にはどのような健康被害があるのかと言うところですが、使った人たちなどの情報によると目が痛くなった・発疹や痒みなどの症状が見られるようになったというものがあります。

 

ほかにもアレルギーの症状が出たり喘息などの発作や咳がひどくなった・胸痛やめまい・動悸や不整脈・倦怠感やうつなど多種多様な健康被害の訴えが出ているのです。

 

中には生殖異常や精子減少などのリスクもあるとされているようです。

 

しかもこれは人間だけではなくペットにも影響を与えていると言われているため、人間だけではなくペットに対しても危険な成分が含まれているということが分かっています。

 

特に元々アレルギーを持っているという人は悪化する恐れがありますし、喘息などの呼吸器関連の疾患を持っている人にとっては特に危険だとされています。

 

ファブリーズ以外も同じ成分を使っている?

このようにファブリーズの成分に関する危険性は数多くの意見があるのですが、他に同じ成分(第四級アンモニウム塩の塩化ベンザルコニウム)を使っている製品はあるのかという点も気になりますよね。

 

実はファブリーズ以外にも危険だと言われる成分の第四級アンモニウム塩の塩化ベンザルコニウムを含んでいる製品は他にもあり、花王「リセッシュ」やライオン「HYGIA(ハイジア)」にも含まれているということが判明しています。

 

いずれの商品も消臭だけではなく除菌効果が高いというアピールポイントが特徴となっている商品であり、その除菌効果として含まれているのが第四級アンモニウム塩の塩化ベンザルコニウムです。

 

ファブリーズの使用について

ファブリーズはこれまでも洗えないものに使用する事ができるということで非常に人気が高い商品ですが、実際には使用することで人によってはデメリットがあるかもしれない商品であるというのが分かってきました。

 

もちろん、普段使用するレベルにおいて、危険度が高いということはないようです。

 

利用者が多い中で体調の不調をうったえる意見の割合としては少ないと言えそうです。

 

ただ、小さなお子さんやペットがいる家族で特に健康を重視する場合、ファブリーズなどの第四級アンモニウム塩の塩化ベンザルコニウムが含まれた商品は避けたほうが良いかもしれませんね。

 

元々、クサい臭いをファブリーズなどの商品でどうにかする前に、臭いの元を改善するのが先決かもしれません。

 

クサい臭いはどうする?

我が家で一番のニオイの原因は、中年男の加齢臭!

 

まずはそこから根こそぎ退治するため、男性用のボディソープを厳選しました。それはもう必死で厳選しました。

 

嗅覚が人一倍良い私は、男臭さが家の中に充満していたら死活問題(泣)

 

なので中途半端な消臭石鹸などではなく、専門的なプロ級の商品に絞って選びましたので、そのランキングを書いておきます。

 

消臭対策男性用ボディソープランキング

 

デオシーク

デオドラント&スキンケアに拘った新しい消臭商品。パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノールなどの有効成分でわきがにも効果的なデオドラントクリームとボディソープが新登場

 

 

>デオシーク公式HPはこちら

クリアネオボディソープ

殺菌成分6種類を配合し雑菌を強力抑制することで評判のメンズボディソープ。植物性洗浄成分を中心に配合。プラス、殺菌、消臭効果のあるカキタンニンで外側からのニオイを99%カット

 

 

>クリアネオ公式HPはこちら

颯香力(そうこうりょく)

90年以上の歴史を持つ老舗・佐藤製薬グループが本気の消臭対策デオドラントソープ。ルイボスエキス&柿タンニン配合

 

 

颯香力公式HPはこちら

なたまめ黒石鹸

「なたまめ」の他、竹炭、柿渋、ミョウバンなど従来の消臭・抗菌に良いとされる5種類の素材を厳選。薩摩に伝わる不思議ななたまめ体臭用石鹸「薩摩刀豆 なたまめ黒石鹸」

 

 

 

>なたまめ黒石鹸公式HPはこちら

デオラ

厳選された消臭成分5種を高配合。新聞各紙・雑誌「Safari」「Gainer」等で紹介され品薄状態。ニオイをごまかすのではなく消臭成分でニオイを元から洗い流すソープ

 

 

>デオラ公式HPはこちら

 

男性用ボディソープについて

ランキング5選はいずれも専門的に研究のうえ開発された消臭対策用品で、我が家ではニオイを退治してやったという実感があったものです。

 

中でも1位のデオシークと2位のクリアネオは本格派のボディソープだと感じています。

 

やはりシッカリした成分を配合しているのが結果につながっていると思います。

 

私も最初ファブリーズをやめる決心をした時はニオイ対策をどうしようか不安もありましたが、元をただすという点でボディソープを使ったのは今思えば正解でした。

 

嫌なニオイを格闘してファブリーズをシュッシュ、シュッシュと怒りを込めて噴射していたなーなんて思うと、そんなストレスがなくなって、家族の笑顔が増えたかもしれません。

 

もし、ファブリーズの危険性を感じて、体臭対策を本気で考えるようでしたら、上記のランキングも参考にしながら選んでみてはいかがでしょうか。

 

>ランキング1位デオシーク公式HPはこちら